株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

急性呼吸窮迫症候群(ARDS)

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-06-12
田坂定智 (弘前大学大学院医学研究科呼吸器内科学教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■疾患メモ

    急性呼吸窮迫症候群(acute respiratory distress syndrome:ARDS)は敗血症や重症肺炎など種々の疾患や外傷を誘因として発症する非心原性肺水腫であり,急性呼吸不全をきたす代表的な病態である。

    ■代表的症状・検査所見

    【症状】

    急速に進行する低酸素血症のため,呼吸困難や意識障害がみられることが多い。

    身体所見にも特徴的なものはないが,頻呼吸やチアノーゼを認めることが多い。聴診上は断続性ラ音を聴取することが多いが,気道周囲の間質性肺水腫により連続性ラ音を聴取することや,異常を認めないこともある。

    【検査所見】

    基本的に,本症の診断に必要な検査は胸部X線と動脈血ガス分析である。

    胸部X線では両側性の浸潤影を認めるが,病初期や脱水が顕著な場合には陰影が明らかでないこともある。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    page top