株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

体温異常(発熱)

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-03-28
鶴岡優子 (つるかめ診療所所長)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■治療の考え方

    治療すべき,または治療できる体温異常かどうか見きわめる必要がある。

    感染症や脱水による発熱であれば,基本的に治療が可能である。

    うつ熱であれば,室温や衣類,寝具などを調節し経過観察する。

    腫瘍熱や死亡直前の発熱であれば,症状緩和が優先されることもある。

    ■状態の把握・アセスメント

    【フィジカル】

    バイタルサイン,随伴所見(特に頭痛,咽頭痛,腹痛,腰痛などの痛み,呼吸器症状,消化器症状,皮膚症状)に注意しながら全身を診察する。

    熱型だけでなく,水分摂取状況(脱水の有無),既往歴(悪性腫瘍や手術歴など),薬剤投与歴(特に抗菌薬や抗精神病薬など),歯科治療歴(抜歯や口腔ケアの有無)なども重要な情報である。

    中心静脈栄養カテーテル,尿道カテーテルなどのカテーテル類をチェックする。

    検温方法に問題はないかチェックする。腋の下での計測が難しい場合がある。

    【介護力】

    家族などの介護者には体温という数字だけでなく,全身状態の悪化や食欲の低下がないか,その他の随伴症状がないか,経過観察のポイントを指導する。

    電解質を含む水分(経口補水液など)をこまめに摂取し,薬も指示通りに服用するよう工夫する。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top