株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

熱中症

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-07-10
三宅康史 (帝京大学医学部救急医学教授)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■治療の考え方

    暑熱環境に長くいた,あるいはいた後の体調不良はすべて熱中症を疑う。

    治療より予防,そして早期の認識と適切な対処が,重症化および死亡を回避する最も有効な方法である。

    ■病歴聴取のポイント

    【発症様式】

    若年~中壮年に多い労作性熱中症と,高齢者が日常生活中に陥る古典的(非労作性)熱中症の2つに分類する(表11)

    01_50_熱中症

    労作性熱中症:元気な男性が肉体労働やスポーツを始めて数時間後に体調不良を訴え倒れるもので,発症は急激である。梅雨期の晴れた日や,台風一過の晴天の日にも起こる。

    古典的(非労作性)熱中症:盛夏に熱波が到来し猛暑日と熱帯夜が連続しはじめると,数日後から食欲低下,脱水にもともとある病気の悪化も手伝って徐々に発症する。

    【発症環境】

    暑熱環境に長くいた,あるいはいた後の体調不良はすべて熱中症を疑う必要がある。労作性熱中症は炎天下が圧倒的に多いが,古典的熱中症の半数は屋内(居間や寝室)で発症している。

    【既往歴・リスクファクター】

    高齢者,男性,都市部,低所得者,慢性疾患を持つ者は,入院および救急部門での死亡の危険因子となる。非労作性熱中症では,独居,日常生活動作が低下した要介護者や老人施設入所者,心疾患,悪性腫瘍,精神疾患などの基礎疾患,降圧薬,利尿薬,向精神薬の服用がこれに加わる。

    ■バイタルサイン・身体診察のポイント

    重症度分類:日本救急医学会の熱中症分類2015を表2に示す。Ⅰ度は現場での応急処置と見守りで対応可能な病態,Ⅱ度は速やかに医療機関の受診を必要とする病態で,現場で一般市民が意識障害の有無を基準に鑑別する必要がある。Ⅲ度は入院が必要な病態で,医療機関搬送後に採血・血液検査の結果などから医師が判断する。

    01_50_熱中症

    【バイタル】

    40℃以上の高体温,JCS 300の深昏睡,140BPMを超える頻脈,SBP 90mmHg未満のショックは,単変量解析で死亡に直結する予後不良因子である。

    【身体診察】

    乾燥した皮膚と粘膜,発汗の消失,高体温,尿量減少は脱水のサインである。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top