株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

耳・鼻・喉の異物

登録日:
2017-03-16
最終更新日:
2017-06-12
稲垣康治 (稲垣耳鼻咽喉科医院院長)
    • 1
    • 2
  • next
  • ■治療の考え方

    小児・高齢者に多く,初期治療を誤ると除去が困難になり,全身麻酔を要することもある。

    頻度としては口蓋扁桃の魚骨異物が最多である。咽喉頭の異物では常に気道閉塞のリスクを念頭に置く。

    緊急性のない異物は後日耳鼻科を受診させる。

    ■病歴聴取のポイント

    発症経緯:いつ,どこ(耳・鼻・咽喉頭)に,何を詰まらせたのか聴取する。可能であれば異物と同じものを持参してもらう。

    合併症状:まずは呼吸苦がないかを確認する。疼痛,嚥下困難の有無についても聴取する。

    ■バイタルサイン・身体診察のポイント

    【バイタル】

    咽喉頭異物の場合は,呼吸状態を確認する。

    【身体診察】

    外耳道:拡大耳鏡を用いて観察する「§18-3

    鼻腔:鼻鏡を用いて観察する。鼻腔前方以外の異物は,経鼻内視鏡による観察が望ましい。

    咽喉頭:まず,頸部の腫脹,皮下気腫の有無を確認する。口腔および扁桃異物は開口させることで観察が可能である。舌根レベル以下の観察は,経鼻内視鏡による観察が望ましい。

    1166疾患を網羅した最新版
    1361専門家による 私の治療 2019-20年度版 好評発売中


    書籍版(本体9,000円+税)の詳細は
    コチラより
    書籍版よりも4,000円お得なPDF版(本体5,000円+税)の購入は
    コチラより

    コンテンツサービスについて

    2ページ目以降は、書籍版またはPDF版購入者か有料会員のみご覧いただけます。
    ログインした状態でないとご利用いただけません ログイン画面へ
    新規会員登録・シリアル登録の手順を知りたい 登録説明画面へ
    その他のWebコンテンツや電子書籍を知りたい コンテンツ一覧へ

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    page top