株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

市立三次中央病院

登録日:
2019-04-02
最終更新日:
2019-04-16
市立三次中央病院

● 住所 〒728‐8502 広島県三次市東酒屋町10531番地
● 交通 JR三次駅 車8分/三次IC 車3分


指導医一覧(順不同)

まんべんなく多くの症例を経験できる

副院長・臨床研修指導責任者

永澤 昌 先生

出身大学 広島大学(1983年卒)
専門分野(専門医資格・所属学会等) 耳鼻咽喉科、頭頚部外科

【ドクタープロファイル】

◆ 私の好きな言葉
おかげさま

◆ 私の指導指針
修練者の力量、ニーズに合わせる

◆ 私の余暇の過ごし方
ゴルフ、映画、漢方の勉強

【指導医から伝えたい臨床研修・病院情報】

◆ ウチの特色
医師間、コメディカル間の垣根が低く、お互いがよく挨拶をする。

◆ ウチの当直
各専門診療科医師のサポートがしっかりできている。

◆ ウチはここがステキ
いなか特有の人柄の良さをスタッフ、患者さんに感じる。

◆ ウチはここがつらい ~頑張りどころなども教えます~
まだまだ、医師看護師をサポートする事務職、コメディカルのマンパワー不足がある(徐々に改善中である)。

◆ ウチの臨床研修 ~こんなタイプに向いているのでは~
まわりに競合する急性期病院・高次医療病院がないので、症例がすべて集まるので、まんべんなく多くの症例を経験したいかたに来てほしい。

【院内・近隣情報】

◆ ここが気に入っています
病院の隣にテニスコート、野球場、などの運動施設がありスポーツするに最高の環境、医師全員にiPad無償貸与、研修出張全額補助は他仁はないインセンティブ

◆ 近隣のおすすめスポット
三次ワイナリー、奥田玄宋美術館、君田温泉、作木カヌー公園、平田観光農園、夏(6~9月)の江の川鵜飼い、20分以内の3つのゴルフ場、他

◆ 近隣のおすすめグルメ
やきにくが安くて絶品(やきにく店多い)、奥田玄宋美術館内のレストラン(フレンチ)、三次ワイナリーのBBQ

● お問い合わせ先 病院企画課
電話 0824‐65‐0101
Webからの問い合わせ
(メールソフトが立ち上がります)

● 情報URL(外部リンク)
病院ホームページ
研修医募集ページ



市立三次中央病院 概要
アクセス

住所 〒728‐8502 広島県三次市東酒屋町10531番地
交通 JR三次駅から車で8分、三次ICから3分


病院PR

三次市の地域医療の要であるだけでなく、広島県備北2次医療圏の拠点病院として島根県南地域から広島県北地域の住民約15万人から、医療の最後の砦としての期待を担っています。また、PET-CTやMRI(3.0T)、320列CTなど最新の医療機器を導入し、地域がん診療拠点病院としての機能を高めるとともに、病院・病診連携や緩和ケアなどの充実にも取り組んでいます。


臨床研修PR

医師数72名でお互いの顔がわかり、診療科の垣根が低く気兼ねなく相談できる風土があります。また、10年目以下の若い医師も多いのが特徴と考えます。専門指導医と直接の上級医との屋根瓦式の指導が行える陣容が整っています。

【研修コンセプト】
1.研修医数を1学年2名に絞り濃厚な研修を行うことで、地域医療に貢献できる良い臨床医を育てることを臨床研修の目的としています。
2.専門分野研修の指導医はマンツーマンで実施しています。
3.救急当直:研修医は、週1回と月1回の休日日直を担当し、指導医2名体制の下で研修します。

【サポート体制】
学会研修補助・資格研修補助の予算をしっかり確保しています。特に、自らの口演やチーム医療・委員会活動には制限なく全額を補助します。論文作成に必要な費用も補助します。また、医師全員に、iPad、パソコン、メールアドレスを貸与し研修環境整備に努めると共に、月1回研修医ヒアリングを行いながら、プログラムと研修環境の整備・改善を迅速に行います。

【実績紹介(平成29年1月~平成29年12月)】
◆外来患者数 682.4人/日
◆救急外来患者数 30.8人/日
◆救急車搬送患者数 6.9人/日
◆当直 4回/月

● お問い合わせ先 病院企画課
電話 0824‐65‐0101
Webからの問い合わせ
(メールソフトが立ち上がります)

● 情報URL(外部リンク)
病院ホームページ
研修医募集ページ

おすすめWebコンテンツサービス

本コンテンツ以外のWebコンテンツや電子書籍を知りたい  コンテンツ一覧へ

関連記事・論文

もっと見る

page top