株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

岐阜大学医学部附属病院

登録日:
2019-04-02
最終更新日:
2019-04-16


岐阜大学医学部附属病院

● 住所 〒501-1194 岐阜県岐阜市柳戸1-1
● 交通 JR岐阜駅・名鉄岐阜駅より岐阜バス「岐阜大学・病院線」で約35分


指導医一覧(順不同)

症例数の多さよりどれだけ深く学ぶか

総合内科 総合診療部 教授、医師育成推進センター長

森田 浩之 先生

出身大学 高知医科大学(1984年卒)
専門分野(専門医資格・所属学会等) 総合内科専門医、内分泌代謝科専門医、リウマチ専門医、糖尿病専門医、アレルギー専門医、老年病専門医、病態栄養専門医、病院総合診療認定医、プライマリ・ケア認定医

【ドクタープロファイル】

◆ 私の好きな言葉
日々研鑽

◆ 私の指導指針
病気を病名でなく病態で考えて絞り込む、経験症例数の多さではなく、どれだけ深く学ぶかが大切

【指導医から伝えたい臨床研修・病院情報】

◆ ウチの特色
先進医療、新しくて清潔な病院、豊富な指導医、研修医教育優先、研修医の自発的行動の尊重、充実したフィードバック教育、多種の自己研鑽の機会

◆ ウチの当直
忙し過ぎない、信頼のおける指導医のバックアップとフィードバック、清潔な当直室

◆ ウチはここがステキ
広い医師育成推進センター、新築・無料の研修医専用宿舎の提供、UpToDateの無料利用、剖検数の多さ、研修医による症例検討会、豊富な実技講習会

◆ ウチの臨床研修 ~こんなタイプに向いているのでは~
市中病院とのたすき掛け研修をしたい、優れた指導医の下で研修をしたい、考えて自分で解決できるようになる研修をしたい、先進医療を身に付けたい

【院内・近隣情報】

◆ ここが気に入っています
自然に恵まれた良好な環境、数年以内に隣接した高速道路インターチェンジの開通

● お問い合わせ先 医師育成推進センター 臨床研修支援係 
電話 058-230-6048
Webからの問い合わせ
(メールソフトが立ち上がります)

● 情報URL(外部リンク)
病院ホームページ
研修医募集ページ


患者を診ずして医学を学ぶなかれ

総合内科 臨床講師

田口 皓一郎 先生

出身大学 岐阜大学(2008年卒)
専門分野(専門医資格・所属学会等) 総合内科専門医、日本病院総合診療認定医、日本リウマチ学会、日本糖尿病学会、日本内分泌学会、日本感染症学会所属

【ドクタープロファイル】

◆ 私の好きな言葉
謙虚、知足

◆ 私の指導指針
本を読まずして医学を学ぶことは 海図を持たずして航海に出るに等しく、 患者を診ずして医学を学ぶは 全く航海に出ないに等しい

◆ 私の余暇の過ごし方
家族サービス

【指導医から伝えたい臨床研修・病院情報】

◆ ウチの特色
医療全般について基本的なことから、最先端のことまで総合的に学ぶ機会があります。

◆ ウチはここがつらい ~頑張りどころなども教えます~
複雑な症例から、いかに多くを学べるかは臨床研修医の頑張り次第となります。

◆ ウチの臨床研修 ~こんなタイプに向いているのでは~
ただ目の前の業務をこなすのではなく、自ら学ぶ意欲をもち、他の医師の知識と技術を吸収しようとする研修医。

● お問い合わせ先 医師育成推進センター 臨床研修支援係 
電話 058-230-6048
Webからの問い合わせ
(メールソフトが立ち上がります)

● 情報URL(外部リンク)
病院ホームページ
研修医募集ページ


患者の話をよく聞き よく本読むこと

第二内科、呼吸器内科、呼吸病態学 臨床准教授

Y.O 先生

出身大学 埼玉医科大学(1991年卒)
専門分野(専門医資格・所属学会等) 日本内科学会総合内科専門医、日本呼吸器学会専門医・指導医、日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医

【ドクタープロファイル】

◆ 私の好きな言葉
なせばなる

◆ 私の指導指針
患者さんの話をよく聞いて よく本読むこと

● お問い合わせ先 医師育成推進センター 臨床研修支援係 
電話 058-230-6048
Webからの問い合わせ
(メールソフトが立ち上がります)

● 情報URL(外部リンク)
病院ホームページ
研修医募集ページ


本人のやる気を引き出す指導

岐阜大学大学院 医学系研究科 整形外科学准教授

松本 和 先生

出身大学 岐阜大学(1994年卒)
専門分野(専門医資格・所属学会等) 日本整形外科学会

【ドクタープロファイル】

◆ 私の好きな言葉
一期一会

◆ 私の指導指針
本人のやる気をできるだけ引き出せるような指導を心がけています。

【指導医から伝えたい臨床研修・病院情報】

◆ ウチの特色
専門性の高い研修が可能

◆ ウチの当直
上級医に気軽に相談できる環境

◆ ウチの臨床研修 ~こんなタイプに向いているのでは~
高度な医療を効率よく学びたい先生に適している。

● お問い合わせ先 医師育成推進センター 臨床研修支援係 
電話 058-230-6048
Webからの問い合わせ
(メールソフトが立ち上がります)

● 情報URL(外部リンク)
病院ホームページ
研修医募集ページ


よい指導医と巡り合うチャンス

岐阜大学 耳鼻咽喉科、講師

久世 文也 先生

出身大学 岐阜大学(1992年卒)
専門分野(専門医資格・所属学会等) 耳鼻咽喉科(耳鼻咽喉科専門医、頭頸部がん専門医、気管食道科専門医、がん治療認定医)

【ドクタープロファイル】

◆ 私の好きな言葉
Live as if you were to die tomorrow. Learn as if you were to live forever.

◆ 私の指導指針
自分で立案・計画・準備し、実行する力をつけてもらう。そのためのサポートをします。

◆ 私の余暇の過ごし方
ランニング

【指導医から伝えたい臨床研修・病院情報】

◆ ウチの特色
垣根がなく、お互いお願いしやすい。

◆ ウチの当直
病棟緊急時の対応が中心です。普段は静か。

◆ ウチはここがステキ
大学病院のイメージとは異なる過ごしやすさ、先端医療にかかわる喜び。

◆ ウチの臨床研修 ~こんなタイプに向いているのでは~
よい指導医と巡り合うチャンスは多いと思います。

● お問い合わせ先 医師育成推進センター 臨床研修支援係 
電話 058-230-6048
Webからの問い合わせ
(メールソフトが立ち上がります)

● 情報URL(外部リンク)
病院ホームページ
研修医募集ページ


上級医が気を配ってくれます

岐阜大学病院 精神科、臨床講師

深尾 琢 先生

出身大学 岐阜大学(1992年卒)
専門分野(専門医資格・所属学会等) 精神保健指定医、精神科専門医・指導医、児童青年精神医学会認定医

【ドクタープロファイル】

◆ 私の好きな言葉
汝何を欲するか?

◆ 私の指導指針
研修医の問を大切にして、学び進めていただきます。

◆ 私の余暇の過ごし方
読書、ジム

【指導医から伝えたい臨床研修・病院情報】

◆ ウチの特色
自由

◆ ウチの当直
精神科当直医のもとでの当直(忙しくはありません)

◆ ウチはここがステキ
プログラムが自由に組めます。

◆ ウチはここがつらい ~頑張りどころなども教えます~
当院だからつらい部分は特にありません。

◆ ウチの臨床研修 ~こんなタイプに向いているのでは~
自主性の高い人。

【院内・近隣情報】

◆ ここが気に入っています
忙しすぎないように、上級医が気を配っています。

◆ 近隣のおすすめスポット
百々が峰

◆ 近隣のおすすめグルメ
聞いてくれたらお答えします。

● お問い合わせ先 医師育成推進センター 臨床研修支援係 
電話 058-230-6048
Webからの問い合わせ
(メールソフトが立ち上がります)

● 情報URL(外部リンク)
病院ホームページ
研修医募集ページ


住みやすい街です

岐阜大学医学部大学院 医学系研究科 放射線医学 助教

H.T 先生

出身大学 岐阜大学(2005年卒)
専門分野(専門医資格・所属学会等) 日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本乳癌学会乳腺認定医、 日本食道学会食道科認定医、米国放射線腫瘍学会会員、欧州放射線腫瘍学会会員

【ドクタープロファイル】

◆ 私の好きな言葉
Tranquilo

◆ 私の余暇の過ごし方
プロレス観戦、子供と遊ぶ

【院内・近隣情報】

◆ ここが気に入っています
住みやすい街、岐阜

● お問い合わせ先 医師育成推進センター 臨床研修支援係 
電話 058-230-6048
Webからの問い合わせ
(メールソフトが立ち上がります)

● 情報URL(外部リンク)
病院ホームページ
研修医募集ページ


よく学び、よく遊べ

病理部 臨床教授、病理診断科長

宮崎 龍彦 先生

出身大学 愛媛大学(1990年卒)
専門分野(専門医資格・所属学会等)診断病理学 病理専門医・病理専門医研修指導医; 臨床細胞学 細胞診専門医; 日本病理学会(中部支部幹事)、日本臨床細胞学会(東海連合会幹事)、日本リウマチ学会、日本免疫学会、日本医学教育学会、日本血管病理研究会(世話人)、血管炎病因・病態研究会(世話人)、東海小児腫瘍研究会(世話人)、膠原病フォーラム(世話人)、浜松皮膚病理研究会(世話人)、岐阜脳腫瘍研究会(世話人)、岐阜県臨床細胞学会(副会長)

【ドクタープロファイル】

◆ 私の好きな言葉
Jetzt hier! (いま、ここで!)、一期一会、袖振り合うも多生の縁。

◆ 私の指導指針
世の中に「こうあらねばならぬ」ということは殆どありません。一人一人の個性が潰れないように延ばしてあげられたら何よりと考えています。そのためには、小生の力だけではなく、偶々同じラボに集まったという縁に結ばれた若い人たちによる屋根瓦方式の経験・知識の伝承や、自発的な興味に基づく萌芽的な研究を見守ることができる環境が必要と思い、日々それを整えることに力を注いでいます。診断病理学はもちろん大切ですが、そこに深みを持たせるのは研究からのフィードバックです。学位取得の有無にかかわらず、何らかの研究をやってみるということを若い人にお奨めしています。また、女性が働きやすい職場とするために、産休・育休のとりやすい業務ローテーション、医局員同士の互助の体制を病理部内のみならず、岐阜県内の関連病院も含めて作り上げたいと考えています。そして、最後に「良く学び、よく遊べ」の精神で、しっかり学んで仕事をした後には、しっかり遊んでもらうよう、休暇も取りやすいように考えています。

◆ 私の余暇の過ごし方
まだ幼い子供がいるので、余暇は子供の相手か、ライフワークとして続けている楽器奏者・指揮者としてオケの練習に臨むかでほとんどの時間を使っています。

【指導医から伝えたい臨床研修・病院情報】

◆ ウチの特色
岐阜県内では一番内容の充実した病院だと感じています。何をやるのにも概ね環境が整っています。大学附属病院の強みで、臨床研究を推進するのにも、環境のみならず指導者や共同研究者も揃っています。

◆ ウチはここがステキ
医師育成推進センターによる研修医育成プログラムと、研修の環境が極めて充実しています。

◆ ウチの臨床研修 ~こんなタイプに向いているのでは~
落ち着いた環境でじっくりと研修をしたい人、「病理学」に興味がある人、研究にも興味がある人を歓迎します。

【院内・近隣情報】

◆ ここが気に入っています
病院内に、銀行、カフェ、コンビニ、レストラン、理容・美容室があるのは当然ですが、まず、レストランが非常に美味しいことが特色です。岐阜市内の大手有名ホテルの厨房が入っており、充実した食事がとれます。また、疲れたときには職員サロンでマッサージチェアに身を任せてリフレッシュすることもできます。研修医住宅も新しくてきれいなものが完備しています。待遇は平均レベルより少々良い程度です。駐車場も十分に有り、自家用車出勤に困ることもありません。なにより、キャンパスは街のはずれの空気がきれいなところにあり、環境抜群。街中まで車で15分程度で出ることができます。

◆ 近隣のおすすめグルメ
附属病院内のレストランファイン。岐阜市内の一流ホテルの厨房が入っています。特にカレーはとてもお奨め。

● お問い合わせ先 医師育成推進センター 臨床研修支援係 
電話 058-230-6048
Webからの問い合わせ
(メールソフトが立ち上がります)

● 情報URL(外部リンク)
病院ホームページ
研修医募集ページ


1例1例の診療をきめ細かく実践できる

附属病院副病院長、生体支援センター長、医療安全管理室長、医学部附属地域医療医学センター長、教授

村上 啓雄 先生

出身大学 岐阜大学(1983年卒)
専門分野(専門医資格・所属学会等) 感染症学会指導医・専門医、化学療法学会抗菌化学療法指導医、ICD、呼吸器学会指導医・専門医、消化器病学会指導医・専門医、消化器内視鏡学会専門医、消化器がん検診学会認定医、肝臓学会専門医、静脈経腸栄養学会認定医、病態栄養学会NSTコーディネーター、内科学会認定医、医師会認定産業医
【学会役員関係】感染症学会評議員・中日本地方会理事、環境感染学会評議員、病態栄養学会理事、口腔ケア学会評議員
国公立大学附属病院感染対策協議会 会長、厚生労働省院内感染対策サーベイランス(JANIS)運営会議構成員、厚生労働省院内感染対策中央会議構成員、全国地域医療教育協議会世話人・監事

【ドクタープロファイル】

◆ 私の好きな言葉
「お蔭様」「情熱」

◆ 私の指導指針
目標設定とその成果確認(毎日)

◆ 私の余暇の過ごし方
旅行

【指導医から伝えたい臨床研修・病院情報】

◆ ウチの特色
診療科間の敷居が低く、連携協力体制が強固。全体で一丸となって診療にあたっている。

◆ ウチの当直
各診療科間の協力体制は心配ない

◆ ウチはここがステキ
どの診療科に行くにも必須である抗菌薬適正使用に、医師、薬剤師、臨床検査技師、看護師の合同ASTチームが支援し、おそらく全国一先進的に取り組んでいる。

◆ ウチはここがつらい ~頑張りどころなども教えます~
研修医の数が少ない

◆ ウチの臨床研修 ~こんなタイプに向いているのでは~
1年目に基礎的・基本的は診療についてしっかり身につけたい医師向きの研修ができる。1例1例の患者さんの診療をきめ細かく実践できて基礎診療能力を養うことができる。

【院内・近隣情報】

◆ ここが気に入っています
研修医専用の住宅が確保してある

◆ 近隣のおすすめスポット
金華山・岐阜城

◆ 近隣のおすすめグルメ
飛騨牛

● お問い合わせ先 医師育成推進センター 臨床研修支援係 
電話 058-230-6048
Webからの問い合わせ
(メールソフトが立ち上がります)

● 情報URL(外部リンク)
病院ホームページ
研修医募集ページ



岐阜大学医学部附属病院 概要
アクセス

住所 〒501-1194 岐阜県岐阜市柳戸1-1
交通 JR岐阜駅・名鉄岐阜駅より岐阜バス「岐阜大学・病院線」で約35分


病院PR

岐阜県下唯一の医学部附属病院、特定機能病院として東海地方でも最高レベルの質の高い医療を提供。
現在、医療政策として重点の置かれている5疾患(がん、心筋梗塞、脳卒中、糖尿病、精神疾患)の治療と、5事業(救急医療、災害医療、へき地医療、周産期医療、小児医療)の全てにおいて、岐阜県の中心的な役割を担うべく積極的に取り組んでいます。


臨床研修PR

岐阜大学病院初期臨床研修の5つのポイント!
1.研修の自由さ!まさに「Gorder Made
 ・研修診療科の変更が原則1ヶ月前まで可能
 ・自由科目の期間が10ヶ月
 ・協力病院・施設との協力により大学病院の研修が更に充実
2.指導医数の数と質に自信アリ!
3.どこの大学出身でも安心!
4.岐大病院ならではの救急外来研修!
5.研修環境も充実!
 (平成28年4月に家賃無料の研修医宿舎を新設)

【研修コンセプト】
人間性豊かな医師の育成
1.基本の習得から先進医療の経験までバランスよく研修を行います。
大学病院の研修の特色の1つに、協力病院とのたすきがけコースがあります。大学病院でのアカデミックでかつ高度な医療の経験、多数の協力病院である市中病院でのプライマリー研修を経験できます。大学病院の中でも救急外来研修は充実してきました。
2.研修医の声に基づく研修を実現します。
研修医とのヒアリングを行い、救急外来研修を改変し、検査部研修を導入してきました。研修スケジュールは研修医のニーズを尊重して計画しています。
3.社会からの求められる役割を自覚し、自ら研鑽できる医師を育成します。
自主性をもち、自分のニーズに応じた研修スケジュールが可能です。我々は、岐阜県の地域医療の中核病院、最後の砦としての大学病院の診療にあたる自覚を身につけ、患者中心の医療を実践できるように指導します。

【サポート体制】
メジャーな診療科だけでなく大学病院ならではのマイナー科と呼ばれる診療科にも多数の指導医がいます。ほぼマンツーマンの指導で手技もバッチリです! 更に、垣根を越えた討論会もあり、常に向上心を忘れずにいられる環境が岐大病院にはあります。出身大学は、岐阜大と他大学出身者がほぼ半数ずつです。センター主催で研修医、上級医との交流の場を積極的に設け出身大学に関わらず研修生活が送れるようサポートしています。 

【実績紹介(平成28年1月~平成28年12月)】
◆外来患者数 1340.0人/日
◆救急外来患者数 13.3人/日
◆救急車搬送患者数 4.2人/日
◆当直 3~5回/月

● お問い合わせ先 医師育成推進センター 臨床研修支援係 
電話 058-230-6048
Webからの問い合わせ
(メールソフトが立ち上がります)

● 情報URL(外部リンク)
病院ホームページ
研修医募集ページ

おすすめWebコンテンツサービス

本コンテンツ以外のWebコンテンツや電子書籍を知りたい  コンテンツ一覧へ

関連記事・論文

もっと見る

page top