株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

外傷性脊椎椎体骨折[私の治療]

No.5104 (2022年02月19日発行) P.43

高畑雅彦 (北海道大学大学院医学研究院整形外科学教室准教授)

登録日: 2022-02-20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 脊椎椎体骨折は機能解剖学的に胸腰椎移行部に発生することが多いが,骨粗鬆症や受傷機転によっていずれの高位にも起こりうる。安定型骨折はコルセットなどの外固定で治療が可能であるが,不安定な骨折や変形が強い例,麻痺がある場合は手術治療を考慮する。

    ▶診断のポイント

    単純X線,CT,MRI等の画像検査で骨折の部位や程度,靱帯損傷の有無,脱臼の有無を判定する。次に,麻痺の程度および治療に影響を及ぼす併存症の有無を評価する。これらの要素をスコア化したthoracolumbar AOSpine injury score(TL AOSIS)が,手術の要否判定や術式決定に有用である1)

    ▶私の治療方針・処方の組み立て方

    TL AOSIS分類を用いて0~3点は保存的治療,4~5点は保存的治療あるいは手術治療,6点以上は脊椎固定術を適応する。

    残り1,588文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    もっと見る

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    page top