株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

男性不妊の初期診察

No.5079 (2021年08月28日発行) P.47

森田伸也 (慶應義塾大学泌尿器科)

登録日: 2021-08-27

最終更新日: 2021-08-25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【評価票を用いた問診,触診を含めた診察,血液・精液検査によって診断】

現在,晩婚化が進み,不妊治療の需要が増している。不妊症の原因の約半数は男性側にあり,男性不妊の原因は,造精機能障害82.4%,性機能障害13.5%,閉塞性精路障害3.9%である1)。男性不妊の初期診察の流れを知ることは,専門外来に紹介する医師としても有用である。

専門外来を受診すると,まず,詳細な問診を行う。性欲・勃起・射精といった機能をIIEF5,AMS,ADAMといった質問票を用いて評価する。糖尿病,成人期の流行性耳下腺炎性精巣炎の既往歴や,骨盤,鼠径ヘルニア,停留精巣などの手術歴,また男性型脱毛症薬内服などの薬歴は重要である。

続いて,診察を行う。体を観察し,テストステロン分泌による男性化が正常かを診る。外陰部(陰毛の程度,陰茎・陰囊の発育)を観察し,Tanner gradeを評価する。陰囊内容を触診し,オーキドメーターで精巣容積を測定し,精巣上体,精管を触診する。精索を触り,腹圧をかけてもらいながら,臥位と立位で精索静脈瘤の有無を確認する。

診察後に採血(末梢血,生化学,LH,FSH,PRL,総テストステロン),精液検査を行う。精液検査は2日以上7日以内の禁欲期間を設け,少なくとも2回検査を行う。

以上の結果を総合的に判断し,男性不妊の原因を診断していく2)3)

【文献】

1)湯村 寧, 他:厚生労働省子ども・子育て支援推進調査研究事業 我が国における男性不妊に対する検査・治療に関する調査研究. 2016, p35-7.

2)大橋正和, 他:臨婦産. 2018;72(11):1046-52.

3)岩本晃明, 他, 編:男性不妊症の臨床. メジカルビュー社, 2007, p33-112.

【解説】

森田伸也 慶應義塾大学泌尿器科

関連記事・論文

関連書籍

関連求人情報

公立小浜温泉病院

勤務形態: 常勤
募集科目: 脳神経外科・一般外科・呼吸器内科・循環器内科・神経内科・泌尿器科 各1名、消化器内科 2名
勤務地: 長崎県雲仙市

公立小浜温泉病院は、国より移譲を受けて、雲仙市と南島原市で組織する雲仙・南島原保健組合(一部事務組合)が開設する公設民営病院です。長崎県島原半島の西部地区に位置し、二次救急医療体制の救急告示病院として救急患者を受け入れています。
2020年3月に新築移転し、2021年4月に病院名を公立新小浜病院から「公立小浜温泉病院」に変更しました。
3階建で波穏やかな橘湾の眺望を望むデイルームを配置し、夕日が橘湾に沈む様子はすばらしいロケーションとなっております。

当病院は島原半島の二次救急医療中核病院として地域医療を支える充実した病院を目指し、BCR等手術室の整備を行いました。
医療から介護までの医療設備等環境は整いましたので脳神経外科医、一般外科医、呼吸器内科医、循環器内科医、神経内科医、消化器内科医の先生に常勤医師として、地域に信頼される病院を一緒に築いていただける医師をお待ちしております。
また、新たに透析治療ベッド数15床を開始致しました。将来は、ベッド数を25床に増床することを計画しています。泌尿器科(腎臓内科)医の先生を募集し、新病院の充実を図ってまいります。

関連物件情報

もっと見る

page top