株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

CLOSE

乳房外パジェット病[私の治療]

No.4957 (2019年04月27日発行) P.50

舩越 建 (慶應義塾大学医学部皮膚科学教室専任講師)

登録日: 2019-04-28

最終更新日: 2019-07-09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 1
    • 2
  • next
  • 乳房外パジェット病は,主に外陰部皮膚に生じる皮膚癌で,臨床的には自覚症状を伴わない紅斑である。紅斑のほか,脱色素斑を呈することがあり,また進行すると,びらん・潰瘍や結節を生じる。かゆみなど自覚症状を伴うこともあり,しばしば湿疹や真菌による感染症と誤診される。皮膚病変の境界がわかりにくいことがあり,腟部や尿道,肛門近傍に広がると病変の境界がさらに判別しにくい。好発年齢は高齢者であるが,30歳代以降の若年者にも発生しうる。また,外陰部同様にアポクリン腺の多い腋窩などに生じることもある。手術療法による治療が選択され,奏効することが多いが,進行し,転移した際に効果的な標準治療は確立していない。

    ▶診断のポイント

    外陰部の紅斑,脱色素斑で,外用薬治療により自覚症状が改善しても,臨床像が変わらない,または経時的に拡大する。腋窩に生じることもある。確定診断のためには皮膚生検が必須である。

    残り1,883文字あります

    会員登録頂くことで利用範囲が広がります。 » 会員登録する

    • 1
    • 2
  • next
  • 関連記事・論文

    もっと見る

    関連書籍

    関連求人情報

    もっと見る

    関連物件情報

    もっと見る

    page top