株式会社日本医事新報社 株式会社日本医事新報社

jmedmook51 あなたも名医!もう困らない救急・当直 ver.3【電子版付】 当直をスイスイ乗り切る必殺虎の巻!

従来の項目に加え「精巣救急」「精神科救急」「救急の処方」の3項目も新たに加わりパワーアップ!

定価:3,780円
(本体3,500円+税)

数量

カートに入れる

定期購読する

立ち読み

編著: 林 寛之(福井大学医学部附属病院ER総合診療部教授)
判型: B5判
頁数: 288頁
装丁: カラー
発行日: 2017年08月25日
ISBN: 978-4-7849-6651-6
付録: 巻末の袋とじに記載されたシリアルナンバーで本書の電子版を利用できます

大変お待たせしました!読者の皆様の熱烈なラブコールに応えて,ついについに林先生の「もう困らない救急・当直」ver.3の登場です!ver.3では従来の29項目の内容の大幅なアップデートに加え,「精巣救急」「精神科救急」「救急の処方」の3項目も新たに加わりました。こんなにパワーアップしたにもかかわらずお値段はこれまでと同じ3500円(本体価格)!こんなお得な本がこれまであったかしら???
「決め手となる思考回路はこれだ!」「鑑別診断のキモ」は必ず目を通しましょう!系統立てたアプローチを頭に入れておけば,怖い疾患やよくある疾患を想定しながら,あなたも動けるようになります! 患者さんの期待に応えてこそ良い救急。患者さんに「来てヨカッタ」と言わせたあなたこそ本物の名医です!

★読者限定★ 日本医事新報社Webサイトから無料会員登録し,巻末の袋とじに記載されたシリアルナンバーを入力すると,本書の全ページをwebブラウザで閲覧できます!

診療科: 救命救急 救命救急

目次

1 時間外救急の心得十箇条
2 発熱
3 頭痛
4 胸痛
5 急性腹症
6 関節痛
7 めまい
8 ショック
9 失神
10 痙攣
11 麻痺
12 しびれ
13 咳・痰
14 喀血
15 呼吸困難
16 動悸
17 吐血・下血
18 無尿・乏尿
19 悪心・嘔吐
20 下痢・脱水
21 創傷処置
22 四肢外傷
23 夜間の不定愁訴
24 咽頭痛
25 鼻出血
26 耳・鼻の異物
27 急性鼻副鼻腔炎・急性中耳炎
28 眼科救急(目が真っ赤)
29 小児当直のポイント
30 精巣救急
31 精神科救急
32 救急の処方

もっと見る

閉じる

序文

巻頭言

 本書ver.3がパワーアップして再々登場です! 柳の下に……ウヒョヒョ。
 診断学の名人はsnap diagnosisで一発診断してくるが, そうでない若先生は「あぁでもない,こうでもない」と網羅的アプローチをしてつい時間を費やしてしま
う。救急現場では診断がついていなくても,すばやい処置が必要とされるから,こりゃもう大変! いやいや,じっくり考える余裕がなくても本書を読めば大丈夫!
 系統立てたアプローチを知っていれば,怖い疾患やよくある疾患を想定しながら,動けるようになる。少しの不安を抱えながらも,どんな転帰をたどりそうか予
想がつく場合は心に余裕ができるってもの。まるで手づくりの勝負バレンタインチョコレートをもらった彼女に,告白するのと同じくらい余裕がある。もちろん,
大どんでん返しがあるのは,臨床も恋も同じことだけど……。
 本書は救急を専門としない医師のみならず,研修医や医学生の頭の整理に役に立つ。だって実臨床現場で日夜身も心も捧げて診療している医師たちに執筆して
もらった虎の巻だもの。「決め手となる思考回路はこれだ!」は要チェック! たとえ疾患名は知っていても,臨床現場では思い浮かばないと診断できない疾患が
いくつかある。問診の名人だって,あくまでも疾患を想定するからこそ良い問診ができるのだ。「鑑別診断のキモ」は必ず目を通して覚えるようにしよう。
新臨床研修制度が始まり,昔と比べるとそつなく賢い研修医が増えた。一方,専門分化した現代では検査のアクセスが良い反面,絨毯爆撃検査を見かけるが,それ
では良い診断にはたどり着けない。疑わずに出す検査は偽陽性率が増えて余計迷うだけなのだ。診断がつかないと「専門じゃないから」という逃げ口上を口にする
なんて,結局患者さんのためにはなってないんだよね。専門にかかわらず主訴からきちんと各疾患を想定できるようになれば,無駄な検査を減らし,良い病歴・身体
所見をとり,最短距離で診断にたどり着けるようになること間違いなし!
 救急は知識や技術を身につけるだけでなく,心を磨く場所でもある。患者さんの期待に応えてこそ良い救急なのだ。睡眠不足で学会のスライドができてなくて,ト
イレも我慢して,つらい状況であっても,患者さんに「来てヨカッタ」と言わせてみせるよう頑張って下さい。そうすれば,あなたこそ本物の名医! 日本の地上の星。
パチパチパチ!
 本書を読破したあかつきには,「なぜか,救急車のサイレンを聞くと救急室に行きたくなっちゃってお尻がもぞもぞするんだよね」っていう副作用が出ることがあ
ります。そこは己の心に素直に従って,無駄な抵抗をせずにERを手伝いに行きましょう!
2017年8月 福井大学医学部附属病院ER総合診療部教授 林 寛之

もっと見る

閉じる

関連書籍

関連記事・論文

もっと見る

関連物件情報

もっと見る

page top